ジャン-シャルル・ロシュー “生のイチジク”使用のチョコレート「フルーツタブレット」限定発売

2019年8月13日 09:11

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ジャン-シャルル・ロシュー(JEAN-CHARLES ROCHOUX)から、イチジクを使用した「フルーツタブレット」が登場。2019年8月17日(土)より、毎週土曜日30個限定でジャン-シャルル・ロシュー 東京にて販売される。

 これまで、イチゴ、リンゴシャインマスカットパイナップルキウイフルーツなどを使用してきた、ジャン-シャルル・ロシューの「フルーツタブレット」。生のフルーツを贅沢に味わうことができるこのチョコレートは、パリ本店でも人気の一品となっている。

 今回は素材を生のイチジクに変更。イチジクは酸味が少なくあっさりとした甘みが特徴だが、ジャン-シャルル・ロシューのショコラと組み合わせることで甘い香りが引き立ち、独特の食感も強調される。

 なお、販売はこれまでと同じく土曜30個限定。気になる人は早めにチェックして欲しい。

【詳細】
ジャン-シャルル・ロシュー フルーツタブレット(イチジク)
発売日:2019年8月17日(土)
※毎週土曜日限定、30個限定販売。
価格:3,300円~+税

【店舗情報】
ジャン-シャルル・ロシュー 東京    
住所:東京都港区南青山5丁目12-3 NOIRビル1F
TEL:03-6805-0854
営業時間:11:00~19:00
定休日:不定休

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース