Google、ハードウェア製品の環境持続性への取り組み計画を発表

2019年8月10日 10:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 Googleは5日、同社のハードウェア製品における環境持続性への取り組み計画を発表した(The KeywordAndroid PoliceArs TechnicaSlashGear )。

 The Keywordの記事では2020年までにハードウェア製品の輸送を100%カーボンニュートラルにすること、2022年までに100%のMade by Google製品にリサイクル素材が含まれるようにし、利用可能な部分ではリサイクル原料の比率を最大限にすること、2023年までにエネルギーと費用の節約が可能なサーモスタットを最も必要とする家庭へ100万台のGoogle Nestを提供すること、が目標として掲げられている。

 ただし、輸送のカーボンニュートラル化は運送会社が実現することであり、リサイクル素材使用の目標もあいまいだ。ひとかけらでもリサイクルプラスチックを含むコンポーネントを使用すれば目標は実現できてしまう。Android Policeの記事ではGoogleがハードウェア製品による環境への影響を改善しようとしているのは明らかだとしつつ、手軽なマーケティング手法に見えないようにするには明確で具体的な目標を示す必要があると指摘している。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 地球 | ハードウェア | Google

 関連ストーリー:
ネスレ日本、「キットカット」大袋の包装をプラスチックから紙に変更 2019年08月02日
廃棄物の移動を制限するバーゼル条約に「汚れた廃プラ」が追加、ゴミの輸出が困難に 2019年05月14日
ネスレ、プラスチック製ストローの全廃などプラスチック廃棄物への取り組みを加速 2019年01月25日
パナソニック、家電でプラスチック代替素材を使用へ 2019年07月11日
英マクドナルドが導入した紙製ストロー、現在のところリサイクル不可 2019年08月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroid

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース