トヨタ、燃料電池バス「SORA」の改良モデル発表 ITS機能を搭載

2019年8月8日 22:01

小

中

大

印刷

燃料電池バス「SORA」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

燃料電池バス「SORA」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • ドライバー異常時対応システムの客席スイッチ(左)とドライバー席スイッチ。
  • 自動正着制御機能のイメージ。

 トヨタ自動車は6日、燃料電池バス「SORA」の改良モデルを8月から販売すると発表した。今回の主な改良点は、ITS Connectの装備、ドライバー異常時対応システム、自動正着制御の大きく分けて3つである。

【こちらも】トヨタ、ポルトガルのバス製造会社に燃料電池システムを供与

■ITS Connectとは

 「ITS Connect」は、交差点などに設置された路側装置と車両が通信する「路車間通信」および、「ITS Connect」を装備した車両と車両が通信する「車車間通信」から構成され、状況にあわせた情報や注意を促すことでドライバーの運転を支援するシステムとなっている。 

■さまざまな情報でドライバーに注意喚起を促す「ITS Connect」

 プリウスやクラウンといった一部の乗用車でも装備されている機能を今回採用した。「ITS Connect 路車間通信システム(DSS : Driving Safety Support Systems)」、「ITS Connect 通信利用型レーダークルーズコントロール」はすでに乗用車でも採用されている。

 今回、SORA専用装備としての機能は、輸送力を向上する「ITS Connect 車群情報提供サービス」と、速達・定時性を支援する「ITS Connect 電波型PTPS(車群対応機能付)」だ。

 「ITS Connect 車群情報提供サービス」は、車群認識機能とバス停発車可能情報からなる。車群認識機能は、車車間通信とミリ波レーダーにより、一定区間内にいるバスをひとつの車群として認識することができ、それをドライバーに通知する。

 「ITS Connect 電波型PTPS(車群対応機能付)」は、ITS専用無線で青信号の延長、赤信号の短縮などをリクエストする。さらに車群認識機能が働いている場合は、最後尾車両からリクエストすることで、赤信号で車群が分断されることを低減できる。

■ドライバー異常時対応システム(EDSS : Emergency Driving Stop System)

 「ドライバー異常時対応システム」は、昨今発生しているドライバーが意識を失うなどの緊急時の際に、客席もしくは運転席に設置されている非常ブレーキスイッチを押すことで減速し、車両を停止させることができるシステムだ。減速を開始すると、車内にいる乗客と車外や周囲に、異常が発生したことを伝える仕組みとなっている。

■車イスやベビーカー利用の乗客を助ける「自動正着制御」

 「自動正着制御」は、車両に装備されているカメラが路面の誘導線を検知することで、使用できる。ハンドルの自動操舵と自動減速により、バスが乗降位置と隙間を開けることなく停車できるため、隙間があると乗り降りしにくい車イスやベビーカー利用者を助ける。自動正着制御はオプション仕様となっている。

 また、衝突警報もあわせて装備されている。車両の価格は公表されていない。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ自動車燃料電池

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース