ホンダ、最新型「HondaJet Elite」の型式証明 中国で取得

2019年8月8日 12:48

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

HondaJet Eliteは昨年5月に発表した最新鋭機。米国、欧州、メキシコ、ブラジル、インド、日本、およびカナダで型式証明を取得しており、今回新たに中国で型式証明を取得した

HondaJet Eliteは昨年5月に発表した最新鋭機。米国、欧州、メキシコ、ブラジル、インド、日本、およびカナダで型式証明を取得しており、今回新たに中国で型式証明を取得した[写真拡大]

写真の拡大

 ホンダの航空機事業会社、ホンダ・エアクラフトカンパニー(Honda Aircraft Company /HACI)は、HondaJetの最新型である「HondaJet Elite」の中国における型式証明を現地時間の8月5日に取得したと発表した。

 今回の型式証明によって、中国における管轄官庁である中国民用航空局(Civil Aviation Administration of China)が定める強度、性能、安全性、機能および信頼性などに関する厳格な基準をHondaJetが満たしていることを証明された。HondaJet Eliteについては、昨年5月の発表後、米国、欧州、メキシコ、ブラジル、インド、日本、およびカナダで型式証明を取得しており、今回新たに中国における型式証明が加わったことになる。

 HondaJet Eliteは、独自の主翼上面エンジン配置に加え、エンジンの新ノイズ低減インレット構造、最新のアビオニクスシステムや安全性制御技術などを採用した先進の小型ビジネスジェット機。その特徴はクラス最高水準の最高速度、最大運用高度、航続距離、燃費性能、広い客室および大容量の荷物室を実現したことにある。小型ビジネスジェット機カテゴリーにおいて、2017年と2018年の2年連続でデリバリー数世界No.1を達成し、現在130機以上のHondaJetが世界中で運用されている。

 HACIは、2017年10月より広州白雲国際空港に拠点を置くディーラー「HondaJet China」を通じて中国におけるHondaJetの受注を行なっており、すでに複数のオーダーを受けている。今回の型式証明取得を受けて2019年内にデリバリーを開始する予定だ。

 HACIの藤野道格社長は、「この度、中国の型式証明を取得できたことを、とてもうれしく思います。中国は、我々が最も期待する市場のひとつであり、HondaJetへの関心も年々高まってきています。クラス最高の性能を誇る同機は、中国国内およびアジア主要都市をつなぐ効率的な移動手段になると考えています。今後、より身近にビジネスジェットが利用できるようになり、HondaJetで新しいライフスタイルを創造して、新価値を生み出すモビリティー社会の実現に挑戦していきます」と語っている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ホンダ、2018年上半期「HondaJet」デリバリー数で世界トップを達成
ホンダジェット、遂に国内で販売開始。機体は最新型の「HondaJet Elite」
ホンダジェット、中国におけるオペレーション拡大と施設の拡張を実施

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業中国HondaJet(ホンダジェット)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
  • 双子原始星からのふぞろいな分子流と円盤の想像図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース