ユニ・チャーム「定額制紙おむつ」進出の背景

2019年8月8日 07:44

小

中

大

印刷

(画像: ユニ・チャームの発表資料より)

(画像: ユニ・チャームの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 サブスクリプションの時代が、「紙おむつ」にまで及んだ。紙おむつ最大手のユニ・チャームが、保育園児の紙おむつで「定額制」に参入した。5種類の大きさが用意され月額は「週5日登園の0歳児で3240円」「同1歳児3024円」「同2歳児2700円」。

【こちらも】ユニ・チャームの原点は各駅停車の鈍行列車

 7月22日配信の共同通信が、「保育士の人材派遣を手掛ける大阪の企業と提携して実現した。今年初めに開始し、導入先は13都道府県の100カ所以上に及んでいる」と伝えた。

 興味を覚えたのはユニ・チャームが紙おむつ業界初の定額制導入に際し、提携した企業の存在だった。ユニ・チャームは、件の報道の詳細を知りたいという問い合わせに対し「BABYJOBに取材して欲しい」との返答だった。

 BABYJOBにアプローチをした。SSMotherホールディングス(以下、同HD)社長の上野公嗣氏から「どんな問い合わせか」とする返事が送られてきた。上野氏が2013年に創業した同HDの傘下には保育士人材の派遣を手掛けるBABYJOBと、保育園を展開する「ぬくもりのおうち保育」がある。運営する保育園は現在、1都1府6県で49カ所に及ぶ。

 上野氏は実は10年間ユニ・チャームに勤務した経歴の持ち主。昨秋のことだった。古巣のユニ・チャームから、「保育園の紙おむつの販売について相談に乗って欲しい」旨の連絡が入った。上野氏にとっても渡りに船?だった。

 保育園の展開に当たり上野氏がコンセプトとしたのは「てぶら登園」。愛着の形成時に、母親が保育園児と手をつなぎ「ぬくもり」を感じさせながら園に通うことだった。それを実現する為に、洗濯代行やおむつの無料提供を行ってきた。

 だが保育園の急展開で、そうしたサービスが経済的にも難しくなってきていた。上野氏は「うちの保育園でも実現できる方法」を基軸に様々、模索した。至った結論が「月額制紙おむつ」だった。「うん」と膝を叩いたユニ・チャームは年明け早々から「定額制紙おむつ」の展開を開始した。

 上野氏はいま「保育所を運営する方々や保育士の皆さんに、自分たちが人材だけでなく、(当方を)保育業界全体のことを考えている事業者だと認識して頂ければ、より深い信頼関係が築けると考えている」とした上で、「我々の保育園でもまずは3年以内に、7割方が定額制紙おむつ状態にしたい」とした。

 保育園(保育士)不足と並び、保育園通園負担の重荷が社会問題になっている。「定額制紙おむつ」は、一つの解決策といえよう。(記事:千葉明・記事一覧を見る

関連キーワードユニ・チャームサブスクリプション

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース