実質的にJWordプラグインだった「E STARTアプリ」

2019年7月31日 22:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 先日、7月31日を持って「JWord」プラグインのサービスが終了されることが発表されたが、JWordプラグインを提供していたGMOインサイトが提供する「E STARTアプリ」が実質的にJWordプラグインだったという話が出ている(黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Edition)。

 これによると、この「E STARTアプリ」はJWordプラグインとファイル名が同じで、単にバージョンが変わっただけのものだったという。

 なお、この「E STARTアプリ」についてはいくつかのWindows向けフリーウェアにバンドルされているようだが、現在GMOインサイトの「E START」サイトにPC版の記載はなく、Android版もGoogle Play上の配信ページにアクセスできない状態になっている。また、PC向けには「E START Widget」や「E STARTデスクトップバー」というものが提供されているが、提供元が「JWord」(2016年以前のGMOインサイトの社名)になっている以外はJWordとは関係はないように見える。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | インターネット | プライバシ

 関連ストーリー:
JWordプラグイン、2019年7月31日をもってサービス終了へ 2019年07月02日
Facebook、閲覧者のマウス操作や周囲のデバイスなどを含むさまざまな情報収集を認める 2018年06月19日
Mozilla、Firefoxにプロモーション的コンテンツのための拡張を勝手にインストールさせてトラブルに 2017年12月19日
OS やブラウザ、プラグインなどの情報から Web 利用者の 8 割は個別識別できる 2010年05月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidWindowsGMOGoogle Play

広告

広告

写真で見るニュース

  • CX-30(写真:マツダ発表資料より)
  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース