カルフォルニア大、ズーム機能を持つコンタクトレンズを開発

2019年7月31日 22:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の研究者らが、ズーム機能を持つコンタクトレンズを開発した(CNET JapanIndependentAdbansed Functional Materials掲載論文)。

 このコンタクトレンズは特定の目やまぶたの動きに反応して焦点距離が変わるというもの。たとえば2度のまばたき操作でズームする、といったことができるという。

 過去にもズーム機能を持つコンタクトレンズは開発されているが(ギズモード・ジャパンの2015年記事)、今回のデバイスは目の動きを電気信号で検出するのが特徴のようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア | 医療

 関連ストーリー:
ソフトコンタクトレンズを染色して安価に色覚補正コンタクトレンズを作る研究 2018年05月05日
「赤外線を可視化できるコンタクトレンズ」は実現できるか 2014年04月04日
Google、スイス製薬会社Novartisと「スマートレンズ」ライセンスで合意 2014年07月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース