Windows 10 1903、プレビュー版Edgeインストールで現行版がスタートメニューに非表示

2019年7月28日 21:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Windows 10 ビルド18362.267では、ChromiumベースのMicrosoft Edgeプレビュー版(Chromium Edge)をインストールすると現行版のMicrosoft Edge(Spartan Edge)がスタートメニューに表示されないようになっている(Softpediaの記事)。

ビルド18362.267はWindows 10 バージョン1903の累積更新プログラム(KB4505903)として7月26日にリリースされた。これに先立ってWindows Insider Programのリリースプレビューリングで提供されたKB番号の同じ累積更新プログラム(ビルド18362.266)でも同様の動作が確認されていた。

表示されなくなるのはスタートメニューのリスト上の「Microsoft Edge」アイコンのみで、スタートメニューにピン留めしたタイルや、タスクバーにピン留めしたアイコンには影響しない。また、Internet Explorerのツールメニューから「Microsoft Edgeで開く」を選択した場合、現在のページはSpartan Edgeで開く。既定のアプリの動作も変更されない。

なお、Windows版のChromium Edgeでは現在、IEモードのフラグをセットしても「このページをInternet Explorerで開く」というメニュー項目が表示されなくなっている。Microsoft EdgeプログラムマネージャーのSean Lyndersay氏によるとメニュー項目はデバッグ用であり、IEモードが正式にリリースされたので削除したという。IEモードは企業向け専用の機能であり、あるサイトをIEモードで表示するかどうかを設定できるのは管理者のみになるとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | インターネットエクスプローラ | インターネット | Chromium | Windows

 関連ストーリー:
Microsoft EdgeのSmartScreen、ユーザーのセキュリティ識別子をサーバーに送信 2019年07月27日
Microsoft Edge Devビルド、Windows 10上でIEモードが利用可能に 2019年07月13日
Cortana、独立したアプリとしてMicrosoft Storeに登場 2019年06月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Microsoft EdgeInternet ExplorerChromium

広告