スポーツアプリ「Player!」、バスケインターハイの全試合をリアルタイム配信

2019年7月28日 20:47

小

中

大

印刷

「Player!」の画面イメージ。(画像: ookamiの発表資料より)

「Player!」の画面イメージ。(画像: ookamiの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ookami(東京都世田谷区)は28日、同社が運営するスポーツの速報発信アプリ「Player!」にて、全国高校総合体育大会バスケットボール競技(インターハイ)の男女全試合リアルタイム速報配信を開始した。

【こちらも】ボイスメディア「Voicy」、日経のニュース配信する「ながら日経」開設

 「スポーツで、一つの笑顔を世界に」を掲げるookamiは、人と情報技術の調和により、スポーツの新しい価値を提供するスタートアップだ。運営しているPlayer!は、全国で行われているスポーツの試合をリアルタイム配信しており、スタジアム、テレビに次ぐ第三の観戦ポータルを目指している。

 Player!では、ユーザーが登録したリーグやチームの試合を、リアルタイムに速報配信し、試合前にはプッシュ通知を受け取ることも出来る。

 チームの運営側にとっては、自分のチームのホームページに試合速報をリアルタイムで表示できる。刻々変わる試合情報は自動で更新され、試合後のスコア更新作業からも解放される。

 また、Player!アプリやPlayer!Webを通じて、簡単にSNSでもシェアができ、OB・OG、家族や知人だけではなく新規ファンの獲得にもつながる。試合結果の速報記事は自動生成されるため、その記事をメディア各社にすぐに配信できるのも特徴だ。これらの機能により、ファン獲得のための広報とデジタルマーケティングを行う事ができるシステムとなっている。

 すでに、自社チームのリアルタイム配信や、試合管理を目的に、BCリーグ2019や関東大学バスケットボールリーグ、早稲田大学サッカーチームなど、100チーム以上が導入している。

 28日から配信開始をするバスケットボールのインターハイは、男女の全試合をリアルタイム配信する。

関連キーワードスタートアップ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース