ボイスメディア「Voicy」、日経のニュース配信する「ながら日経」開設

2019年7月19日 08:40

小

中

大

印刷

「ながら日経」のイメージ。(画像: Voicyの発表資料より)

「ながら日経」のイメージ。(画像: Voicyの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ボイスメディア「Voicy」を運営する音声ITスタートアップのVoicy(東京都渋谷区)は18日、日本経済新聞社との協業で専用チャンネルを開設すると発表した。「ながら日経」という番組名で22日からサービスを開始する。

【こちらも】ボイスメディアのVoicy、約7億円調達 技術や開発、コンテンツを強化へ

 「Voicy」は、ビジネスの専門家やミュージシャン、インフルエンサーなど各業界で活躍するパーソナリティの「声のブログ」や、企業チャンネルなどを無料放送しているボイスメディア。ニュース系チャンネルから恋愛相談まで、200を超えるチャンネルを持ち、若年層を中心に利用者を獲得している。

 「ながら日経」は、通勤・通学時間や家事の合間などの「ながら時間」を利用して、日経電子版の記事を聴くことができる。「お手元はそのまま、ながら日経!」のキャッチフレーズさながら、スマホを操作しなくても、ただ聴いているだけで、経済情報やその日のトピックスを知ることができる。

 月曜から土曜までのパーソナリティは日替わりとなり、元声優や、フリーランスエンジニア、キャリコンサルト兼フリーアナウンサーなど、オーディションで選ばれた多彩な顔ぶれだ。

 Voicyと日経は1月に業務提携を結んでおり、今回の第1弾のサービス提供に続き、8月には新チャンネル「ヤング日経」も開設し、若者の「これだけは知っておきたいニュース」にフォーカスして配信する。

関連キーワードスタートアップ

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース