ボイスメディア「Voicy」、日経のニュース配信する「ながら日経」開設

2019年7月19日 08:40

小

中

大

印刷

「ながら日経」のイメージ。(画像: Voicyの発表資料より)

「ながら日経」のイメージ。(画像: Voicyの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ボイスメディア「Voicy」を運営する音声ITスタートアップのVoicy(東京都渋谷区)は18日、日本経済新聞社との協業で専用チャンネルを開設すると発表した。「ながら日経」という番組名で22日からサービスを開始する。

【こちらも】ボイスメディアのVoicy、約7億円調達 技術や開発、コンテンツを強化へ

 「Voicy」は、ビジネスの専門家やミュージシャン、インフルエンサーなど各業界で活躍するパーソナリティの「声のブログ」や、企業チャンネルなどを無料放送しているボイスメディア。ニュース系チャンネルから恋愛相談まで、200を超えるチャンネルを持ち、若年層を中心に利用者を獲得している。

 「ながら日経」は、通勤・通学時間や家事の合間などの「ながら時間」を利用して、日経電子版の記事を聴くことができる。「お手元はそのまま、ながら日経!」のキャッチフレーズさながら、スマホを操作しなくても、ただ聴いているだけで、経済情報やその日のトピックスを知ることができる。

 月曜から土曜までのパーソナリティは日替わりとなり、元声優や、フリーランスエンジニア、キャリコンサルト兼フリーアナウンサーなど、オーディションで選ばれた多彩な顔ぶれだ。

 Voicyと日経は1月に業務提携を結んでおり、今回の第1弾のサービス提供に続き、8月には新チャンネル「ヤング日経」も開設し、若者の「これだけは知っておきたいニュース」にフォーカスして配信する。

関連キーワードスタートアップ

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース