日経平均テクニカル:小反落、一目均衡表は終値雲上キープ

2019年7月22日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:小反落、一目均衡表は終値雲上キープ
22日の日経平均は小反落した。ローソク足は下ヒゲを出して底堅さを確認する一方、上値は75日線前後で圧迫された。下向きの5日線が25日線を割り込んだが、25日線は上向いており、方向感が定まりにくかった。一目均衡表では、ザラ場で雲上限を割り込んだ後、終値は2日連続で雲上をキープした。ただ、基準線と転換線がともに横ばいのため、こちらも短期的な方向感が出にくい形状となっている。ボリンジャーバンドでは、中心線付近でもみ合う場面が長く、投資家の気迷いを窺わせた。RSI(14日ベース)は53.05%(前週末53.52%)と、中立圏中央付近でほぼ横ばいにとどまり、相場は材料待ちの局面にあるようだ。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース