ギンザ シックス屋上庭園で、山口一郎率いる「NF」による“音と光”のサウンドインスタレーション開催

2019年7月22日 07:52

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 サカナクションの山口一郎率いる「NF」がプロデュースするサウンドインスタレーション「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」が、2019年8月6日(火)から10月31日(木)まで、東京・銀座の複合商業施設「ギンザ シックス(GINZA SIX)」の屋上庭園で開催される。

■ギンザ シックス屋上庭園に「NF」のサウンドインスタレーションが出現

 音楽のみならず、ファッションやアート、テクノロジーなど様々な分野をつなぎ合わせることで新しい“音の可能性”を追求するプロジェクト「NF」。今回彼らは、地上約56mに位置する銀座最大の屋上庭園を舞台に、音と光とテクノロジーが融合した参加型のサウンドインスタレーションを制作した。

■連動する音と光が空間を包み込む

 庭園の水盤エリアと芝生エリアには「オーケストラの演奏台」をイメージした6つの6面体モニュメントと、それを小編成のオーケストラが囲っているような構図で光の柱を設置。来場者がモミュメントを打楽器のように叩くと、合計36種類の音と光が連動するインタラクティブな演出がスタートする。

 各モミュメントは独立しており、複数の来場者がそれぞれ異なるモミュメントに触れることで、まるでモミュメント同士が共鳴し合うように、空間全体を音楽と光で包み込む。

■30分に1度だけの特別演出も

 また、30分に1度だけ全ての光と音がコントロールされ、「NF」が作り出した音と光が空間を“調律”する特別演出も用意されている。サウンドクリエイションを手掛けたのは、「NF」の発起人である山口一郎と、音楽家の黒瀧節也。36種類の音色は、会場となる屋上庭園からインスピレーションを得て作られたものだという。

■開催概要

 「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」
開催期間:2019年8月6日(火)〜10月31日(木)
※8月26日(月)のギンザシックス休館日も入場可能。
※招待制イベントの開催や天候により中止となる場合あり。
時間:日没〜23:00
会場:ギンザシックス屋上「ギンザシックス ガーデン」
入場料:無料
主催:ギンザシックス
サウンドプロデュース:NF
空間演出・制作:博展

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードギンザ シックス(GINZA SIX)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース