DDR4メモリやSSDの価格は今後上昇か

2019年7月20日 08:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ここ最近、PC用のDRAMやフラッシュメモリを使用したSSDなどの価格は下落傾向にあったが、今後これらの価格が上がっていくのではないかとの話が出ている(AKIBA PC Hotline!)。

 秋葉原では新Ryzenの登場で自作PC向けの需要が増加しているほか、今後メモリが供給不足になるのではないかとの懸念も出ているという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | ハードウェア | IT | ストレージ

 関連ストーリー:
960GBで7,980円の激安SSD発売、前モデルからIntel製チップ搭載の記載が無くなる 2019年07月02日
SSDの容量当たり単価は0.1ドル/GB以下に、PCIe接続が主流となるとの予測 2019年05月10日
Micronが需要低迷に対応しDRAMやNANDフラッシュメモリを減産へ 2019年07月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSSD秋葉原

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース