Microsoft、4~6月期決算は純利益49%増

2019年7月20日 08:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Microsoftが7月18日、2019年4~6月期決算を発表した。売上高は12%増、純利益は前年同期比で49%増の増の131億8700万ドル(約1兆4100億円)と過去最高を更新した(ITmediaロイター日経新聞)。

 特にクラウドサービスであるAzureの伸びが大きく、売上は64%増だった。Office 365も好調だったそうだ。Xboxなどのゲーム事業が唯一不振だった部門で、それ以外の主要部門はすべて増収だった。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | マイクロソフト | IT

 関連ストーリー:
Appleの時価総額、1兆ドルに到達 2018年08月07日
米Microsoftの2017年度第3四半期決算、全体の売り上げは好調ないっぽうスマホ事業は約811億円の減収 2017年05月01日
Microsoft、不調のSurface RTが原因で株主から集団訴訟を受ける 2013年08月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftOffice 365Azure

広告

財経アクセスランキング