東京都内初の「ドルビーシネマ」が丸の内ピカデリーに

2019年7月20日 08:36

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 東京都内初となる「ドルビーシネマ」が2019年10月4日(金)、丸の内ピカデリーにオープンする。オープニング作品は、ホアキン・フェニックス主演でDCコミックスの人気ヴィラン“ジョーカー”の壮絶な人生を描く映画『ジョーカー』。

■「ドルビーシネマ」とは?

 「ドルビーシネマ」とは、映画館やPC、ゲーム向けにオーディオテクノロジーを開発するドルビーラボラトリーズ社によるシアターシステム。最先端の映像技術である「ドルビービジョン(Dolby Vision)」と立体音響技術の「ドルビーアトモス(Dolby Atmos)」を駆使することで、これまでにない高品質の映画鑑賞が体験出来る、というものだ。

■最先端の映像&音響技術で映画を楽しむ

 具体的には、最先端の光学・映像処理技術を採用した「ドルビービジョン プロジェクションシステム」を用いて、広色域で鮮明な色彩と幅広いコントラストを表現するハイダイナミックレンジ(HDR)映像を投影。そして、“音声オブジェクト”と“天井スピーカー”という革新的な映画音響技術を導入した「ドルビーアトモス」で、3次元空間を駆け巡るような立体的な音響で劇場内を満たす。

■劇場内はスクリーン以外の要素を排除

 また、この2つの技術を最大限に活かすため、劇場内からスクリーン以外の要素を排除。劇場に入り、映画がスタートした瞬間からその映像と音響に入り込み、映画への高い没入感が楽しめるという。

■日本国内の映画館での展開は数館のみ

 世界で最初の「ドルビーシネマ」は2014年にオランダに誕生、現在は北米からヨーロッパ、中国の映画館に導入されており、日本では2018年末、福岡・T・ジョイ博多に初上陸を果たした。2019年7月16日(火)現在は同館に加えて、埼玉・Movixさいたま、大阪・梅田ブルク7と、非常に限られた映画館に導入されている。

■施設情報

 丸の内ピカデリー「ドルビーシネマ」
オープン日:2019年10月4日(金)
住所:東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町センタービルルミネ側9階

※Dolby、ドルビー、Dolby Atmos、 Dolby Vision、Dolby CinemaおよびダブルD記号はアメリカ合衆国と/またはその国におけるドルビーラボラトリーズの商標または登録商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース