日経平均テクニカル:4日ぶり大幅反発、前日下げ埋めて下落トレンド回避

2019年7月19日 18:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:33JST 日経平均テクニカル:4日ぶり大幅反発、前日下げ埋めて下落トレンド回避
日経平均は4日ぶりに大幅反発した。ローソク足は長い陽線を引き、21000円台前半での買い需要を確認した。終値は前日比420.75円高で昨日の422.94円安をほぼ埋め、25日線やその直上の75日線に戻して取引を終えた。25日線が上向きに転じたこともあり、下落トレンド入りを回避した格好となった。一目均衡表では、株価は雲上限に復帰して終了。遅行線は株価を上回り、強気シグナル発生を再開した。ボリンジャーバンドでは、終値で中心線上に復帰。昨日の-2σ接近をボトムとする反転トレンド形成が期待される。RSI(14日ベース)は53.52%(昨日48.27%)と50%台に戻し、こちらも弱気トレンド入り回避を示唆している。《FA》

広告

広告