NY原油:大幅続落で55.30ドル、ポジション調整的な売りが増える

2019年7月19日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST NY原油:大幅続落で55.30ドル、ポジション調整的な売りが増える
NY原油先物8月限は大幅続落(NYMEX原油8月限終値:55.30 ↓1.48)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比-1.48ドルの55.30ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは54.72ドル−57.32ドル。イランがホルムズ海峡で外国タンカーを拿捕したと公表したことを受け、NY原油先物は時間外取引の欧州市場で57.32ドルまで上昇した。その後、積荷が小規模で、14日に燃料密輸の疑いで拿捕されたとの見方が広がったことや、メキシコ湾の産出量拡大の観測が浮上し、ポジション調整的な売りが増えた。《CS》

広告

財経アクセスランキング