アスクルは乱高下、資本提携関係の見直し要請にはヤフーが応じない姿勢

2019年7月18日 09:51

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■17日夜、ヤフーが「新たな経営陣のもとで」と発表し受け止め方が割れる

 アスクル<2678>(東1)は7月18日、相場観が分かれて始まり、取引開始後に2524円(82円安)まで下げたが9時15分には2622円(16円高)と高下している。17日の21時、筆頭株主のヤフー<4689>(東1)が、アスクル社からの業務・資本提携関係の見直し要請に応じない内容のIR開示を発表。「新たな経営陣のもとで新たな経営戦略を推し進めることが最善」としたことに、受け止め方が分かれている。

 アスクルを巡っては、17日午前、ヤフーに対して資本・業務提携の解消を申し入れたことがわかったと日本経済新聞・電子版が伝え、会社側は正午過ぎに「提携関係の解消協議を申し入れたことは事実」と発表。経営の自由度が広がるとの期待などから17日は12%高(283円高)となった。そして同日夜、ヤフー側からの開示があった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース