音声アシスタント4社5種の正答率調査、Googleが最も高性能

2019年7月12日 18:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 voicebot.aiが音声アシスタント5種類に対し、一般消費者向け製品やブランドに関する質問を行い、その正答率を調査した(Voice Assistant SEO Report For Brands)。その結果、「Googleアシスタント」が最も高い正答率を達成したという(CNET Japan)。

 調査対象はAmazonの「Alexa」、Samsungの「Bixby」、Appleの「HomePod」、Googleの「Google Home」および「Google Assistant」。

 最も正答率が高かったのはGoogle Assistant(91%)で、続いてGoogle Home(81%)、Bixby(31.8%)、Alexa(33.8%)、HomePod(28%)。

 「Didn't Know」率も同じ順位だが、「Error」率では下位がHomePod(8.8%)、Alexa(21.4%)、Bixby(38.1%) の順になっている。

 Googleアシスタントはスマホ版とGoogle Home版に分けられているが、同様にSiriもHomePodとiPhoneでは違う結果が出たのだろうか。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
AppleのHomePod、日本でもようやく発売へ 2019年07月11日
ロシア検索大手Yandex、スマートフォンを発売 2018年12月10日
米Amazon、「Echo」を使った商品やサービスを発表 2018年09月26日
スマートスピーカーの聞き取り性能はGoogleが高いというテスト結果 2018年06月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAppleSamsungiPhoneAmazonSiriGoogle HomeHomePodAlexa

広告

広告

写真で見るニュース

  • 昨年公開されたRAV4 PHVの米国仕様である「RAV4 Prime」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ダイハツ「ロッキー」(画像:ダイハツ工業発表資料より)
  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース