3万年前の航海再現、丸木舟で台湾から与那国島への航海に成功

2019年7月12日 18:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 丸木舟を使って台湾から与那国島への航海に挑戦する「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」が、7月7日から7月9日にかけて実験航海を実施、丸木舟は無事与那国島にたどり着いた(中日新聞時事通信朝日新聞)。

 これは国立科学博物館が2016年から取り組んでいる「4万年前の航海 徹底再現プロジェクト、最後の挑戦!」というプロジェクト。

 航行距離はおよそ200kmで、漕ぎ手は男女5人。3万年前の航海を再現すべく、地図やコンパス、スマートフォン、時計などの利用は禁止。丸木舟自体も3万年前に存在したとされる石斧などで作ったもので、食料(おにぎり)や飲料水の途中補給などもない。

 丸木舟は日本時間の7日14時38分に出航、9日午前11時30分すぎに与那国島に到着した。過去には草や竹で作った船での挑戦も行われていたが、いずれも失敗していた。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
米海軍兵学校、天測航法の授業を復活 2015年10月17日
日本人の遺伝子型は本土型と琉球型の二通り 2008年09月29日
人間の言語は石器を作るために進化した? 2015年01月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード台湾国立科学博物館

広告

広告

写真で見るニュース

  • 昨年公開されたRAV4 PHVの米国仕様である「RAV4 Prime」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ダイハツ「ロッキー」(画像:ダイハツ工業発表資料より)
  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース