国際 RSS

 

香港デモ参加者、AirDropで情報拡散 中国の検閲に対抗

2019年7月12日 18:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 香港から中国への容疑者引き渡しを可能にする逃亡犯条例に反対するデモが香港で起きているが、デモの参加者が中国人観光客にこのデモの情報を伝えるため、iOSに搭載されているAirDrop機能が使われているという(QuartzGIGAZINESlashdot)。

 AirDropはBluetoothや無線LAN経由でiOSやmacOS同士でファイルや情報を送受信する機能。設定によっては不特定多数からファイルを受信できるため、過去にはわいせつ画像を送りつける痴漢行為にも使われたが、香港ではこれを使ってデモに関するメッセージを送信しているそうだ。

 また、QRコード決済で使われるQRコードに似せた画像を送りつけるという手法も使われているとのこと。一見するとアクセスすることでお金が入手できるように見えるが、これをQRコードリーダーでスキャンすると抗議行動の情報が表示されるという。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 検閲 | 携帯電話 | iOS | 中国

 関連ストーリー:
中国で香港関連のニュースやSNS投稿が一斉に規制される 2019年06月14日
香港のデモ参加者、当局による追跡を避けるため券売機に並んで切符を買う 2019年06月19日
iOSの「AirDrop」機能を悪用してわいせつ画像を送りつける「サイバー露出」事件、英国で発生 2015年08月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国iOS香港

広告

財経アクセスランキング