Microsoftが「Windows 1.0」を突如宣伝 目的は?

2019年7月12日 19:11

小

中

大

印刷

 7月1日9時29分(現地時間)、Microsoftが運営しているTwitterのWindowsアカウント(@Windows)で、突然「Windows 1.0」の宣伝が開始された。アイコンはWindows 10のものからWindows 1.0当時のものへと変更、さらにInstagramはこれまでの投稿を全て削除した上で宣伝しているという徹底ぶり。何の前触れもない発表に、ネット上では困惑する声も多かった。

【こちらも】Microsoft、Netflixのドラマとタイアップのアプリ「Windows 1.11」提供開始

 Windows 1.0と言えば、1985年11月20日に発売されたMS-DOS用のOSだ。日本でも翌86年12月に販売されている。いわば、現在のWindowsの正当な祖先にあたる。しかし、メモリー使用量の上限がわずか640KBに制限されたり、負荷が大きかったりと、運用する上で致命的な問題を抱えていた。そのため、実際のところ評価は芳しくない。

 ではなぜ、発売から34年経過した今になってWindows 1.0をクローズアップするのだろうか。実は、NetflixのオリジナルSFドラマ「ストレンジャー・シングス」のシーズン3配信開始とタイアップしていたのだ。本作は、SF、ミステリー、オカルトの要素をぎゅっと詰め込んだ娯楽大作。80年代を舞台にしており、Windows 1.0とは同世代という接点がある。

 「ストレンジャー・シングス」シーズン3は、7月4日に配信を開始したが、当初はタイアップの関連性は明言されなかった。しかし、11日9時30分(現地時間)に投稿されたツイートで、ついに「#StrangerThings3 @Netflix.」とタグが付けられ、タイアップであったことが確定。

 Windows 1.0は、Microsoftにとって成功とは言い難い苦い過去だ。しかし、それを逆手にとってプロモーションに利用するとは、並の企業ではなかなかできない。壮大かつユニークなプロモーションもあってか、「ストレンジャー・シングス」は過去最高の視聴数を記録した。なお、本作はMicrosoft以外にも、コカ・コーラやNikeもタイアップしている。作中の舞台である80年代になぞらえ、当時販売された商品を限定復刻する。(記事:森野沙織・記事一覧を見る

関連キーワードTwitterInstagramMicrosoftWindowsNetflix

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース