ブルーボトルコーヒーがアトレ恵比寿に新店舗、すぐ提供×すぐ飲める“クイック”なコーヒーも

2019年7月12日 08:10

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ブルーボトルコーヒーが、アトレ恵比寿本館に「ブルーボトルコーヒー 恵比寿カフェ」を2019年7月19日(金)オープンする。

 デリシャスネス、ホスピタリティ、サステイナビリティをモットーに、おいしさを徹底的に追求したコーヒーを提供してきた「ブルーボトルコーヒー」。日本では、東京・清澄白河に1号店をオープンして以降、都内数店舗のほか、京都や神戸など関西圏にも店舗を構え、コーヒー好きの集う人気店として知られている。

 「ブルーボトルコーヒー 恵比寿カフェ」では、注文をしてから1杯1杯抽出し提供する、ブルーボトルコーヒーの看板メニュー、ハンドドリップに加えて、2019年4月に「ブルーボトルコーヒー 大丸東京 カフェスタンド」で初導入したドリップマシンによる「クイックカップ」も展開する。なお、同店が「クイックカップ」を導入する初のカフェとなる。

 「クイックカップ」は、ハンドドリップよりもスピーディー提供され、通常よりも小さいカップで提供されるコーヒー。忙しい人の“ほっと一息”や待ち合わせのちょっとした空き時間の際にはちょうどいい1杯だ。

 もちろん、コーヒーをゆっくりと楽しめる場としても機能。ショッピングを楽しむ人、ビジネスの合間に訪れる人、そして観光に来た人…。あらゆるニーズに応える店舗となってくれそうだ。

【詳細】
ブルーボトルコーヒー 恵比寿カフェ
オープン日:2019年7月19日(金)
場所:アトレ恵比寿本館1F
住所:東京都渋谷区恵比寿南1丁目5番5号
営業時間:8:00~21:00
席数:21席

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコーヒーブルーボトルコーヒー

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース