パナソニック、家電でプラスチック代替素材を使用へ

2019年7月11日 20:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 パナソニックが一部の家電でプラスチックの代替品となる新しい樹脂素材を採用する方針を示した(朝日新聞)。

 パナソニックによると、同社は植物由来のセルロースファイバーを55%以上の濃度で樹脂に混ぜ込むことが可能となる複合加工技術を開発。これを製品に活用するという(パナソニックの発表)。

 この技術を使用した樹脂はプラスチック以上の強度を持ち、着色も自由に行えるという。まずは数年以内にプラスチック使用量が多い冷蔵庫や掃除機で使用し、住宅建材や車載部品にも使っていくそうだ。

 コストはプラスチックより高いとのことだが、食器等、他社製品での使用による生産量の拡大で価格低下を目指すようだ。

 プラスチックの海洋汚染問題を受けて、プラスチックの使用を抑える動きは各所で広がっており、ユニクロは、商品持ち帰り用の袋を有料の紙製に切り替える他、商品包装材についても紙に切り替えられるか検証を行なっている

 また、パナソニックはアサヒビールと共同でこの樹脂を使ったタンブラーを開発したことも発表している(日経新聞)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 地球 | ビジネス

 関連ストーリー:
植物由来の樹脂を使ったレゴブロック、開発が難航 2019年06月19日
カナダの食料品店、プラスチック製レジ袋削減のためレジ袋に恥ずかしい言葉を印刷 2019年06月18日
生分解性プラスチックを使ったカード類、経年劣化で砕ける恐れ 2019年05月15日
セブン&アイHD、2030年までにプラ製レジ袋を廃止へ 2019年05月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードパナソニックユニクロアサヒビール

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース