米トランプ政権、法執行機関が解読できない暗号化の禁止を検討

2019年7月10日 14:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米トランプ政権が、企業に対し法執行機関によって解読できない暗号技術の使用を禁じることを計画しているという(PoliticoCNET Japan)。

 こういった暗号化技術の禁止については過去にも議論されていたが、米国においては今まで実現していない。

 AppleやFacebookなど多くの米IT企業は、プライバシ保護やセキュリティのためユーザー間でのメッセージのやり取りなどをエンドツーエンドで暗号化している。これに対し政府などは犯罪の摘発や抑止の妨げになると主張していた。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 暗号 | アメリカ合衆国 | プライバシ

 関連ストーリー:
米NSA事件から6年、スノーデンは大衆監視を防ぐことはできなかった 2019年06月06日
インド政府、政府機関に対し暗号化通信などの傍受を認める 2018年12月28日
インド政府、偽ニュース拡散防止のためメッセンジャーアプリ「WhatsApp」の暗号化解除を要請 2018年07月27日
英政府、マンチェスターテロ事件をきっかけにインターネットへの検閲を強化する可能性 2017年05月30日
CIAのハッキング技術公開で企業が得た教訓:暗号化はやはり重要 2017年03月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカFacebookAppleセキュリティ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 昨年公開されたRAV4 PHVの米国仕様である「RAV4 Prime」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ダイハツ「ロッキー」(画像:ダイハツ工業発表資料より)
  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース