トヨタ、カスタマーモータースポーツ車両「GR Supra GT4」発売決定

2019年7月8日 07:14

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

Ravenol、Pirelli社、Akrapovič社の協力を得て実現したカスタマーモータースポーツ車両「GR Supra GT4」、2020年から販売、価格などは今後決定する

Ravenol、Pirelli社、Akrapovič社の協力を得て実現したカスタマーモータースポーツ車両「GR Supra GT4」、2020年から販売、価格などは今後決定する[写真拡大]

写真の拡大

 TOYOTA GAZOO Racingは、この3月にジュネーブモーターショーで発表した「GR Supra GT4 Concept」に対する熱いラブコール、そして先に6月に参戦したニュルブルクリンク24時間レースでのGRスープラ参戦を踏まえ、カスタマーモータースポーツ車両である「GR Supra GT4」を2020年から販売すると決定した。

 トヨタは、モータースポーツを愛する世界中の人々が気軽にレースを楽しむこと、そしてモータースポーツへの挑戦とそこから得られるフィードバックによりさらにクルマを鍛えることを目指し、カスタマーモータースポーツに層力を入れていくとしている。

 GR Supra GT4は、今年販売を開始したTOYOTA GAZOO Racing初のグローバルモデル「GRスープラ」をベースとしたレース仕様車で、トヨタモータースポーツ有限会社(Toyota Motorsport GmbH)が開発・製造を担当する車両だ。

 GT4レースは、低コストで気軽に参戦しやすいカテゴリーとして、世界中のプライベートチームに人気のレースだ。GR Supra GT4は、日本のスーパー耐久シリーズ、欧州のGT4欧州シリーズやVLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)、米国のミシュランパイロットチャレンジシリーズなど世界中のさまざまなレースに参戦することができる。

 GRスープラは既に北米のNASCARエクスフィニティ・シリーズに参戦しているほか、2020年からは日本のSuper GT GT500クラスへの参戦を予定している。そこに新たにGR Supra GT4が加わることで、世界中のサーキットでGRスープラが戦っている姿をモータースポーツファンが楽しめる。

 加えて、GR Supra GT4実現に向け、Ravenol、Pirelli社、Akrapovič社に技術パートナーとして協力関係を結んだ。Ravenolからは潤滑油を、Pirelli社からはタイヤを、Akrapovič社からはモータースポーツ専用エギゾーストシステムに関する協力を得た。

 GR Supra GT4に関する車両諸元詳細、販売価格、販売地域及び時期等について、年内に発表を予定しているという。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ニュルブルクリンク24時間、総合優勝はAudi、SUBARU・STIはSP3Tクラス優勝
旧車本格レストアに動くメーカー各社、トヨタも旧スープラの修理・再生スタート
トヨタ、GRからデビューしたピュア・スポーツ、新型「スープラ」国内発売開始

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車スープラ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • エコニコール製クッションが採用されたRobocar Walk(三井化学発表資料より)
  • 7月24日に発売されるKindle Oasisの新モデル。(画像: アマゾンジャパンの発表資料より)
  • トヨタ フォーチュナー  (画像:TOYOTA Motor Philippinesの発表資料より)
  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース