3DMark for Android、不正疑惑があったHuawei端末がランキングに復活

2019年7月3日 21:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 minet曰く、

 UL製のAndroid用グラフィックスベンチマークアプリ「3DMark for Android」の新バージョンが7月1日にリリースされた。それに伴い、以前スコアランキングから除外されていたHuawei製の端末が復活している。ランキングでは「パフォーマンスモード」が有効のスコアと無効のスコアが別に集計されている模様(4Gamer)。

 Huawei製の端末はベンチマークアプリの実行を検知すると「パフォーマンスモード」に切り替わり、通常の他のアプリを実行するときよりも優れたパフォーマンスを発揮することが判明。これをランキング目的の不正とみなしたULは、Huawei製端末でのスコアをランキングから除外する措置を行っていた。

 これを受けてHuaweiはULと協議を行い、ユーザーが任意でパフォーマンスモードの有効/無効を切り替えられるよう変更を行った(過去記事)。このことから、Huawei製端末についてはパフォーマンスモードが有効の場合と無効の場合でスコアを別に扱い、パフォーマンスモードを明示する形でスコアランキングへの掲載が再開されている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | モバイル | ハードウェア | 統計 | ソフトウェア | 携帯電話

 関連ストーリー:
Huawei、ベンチマーク不正問題を受けて全アプリで「パフォーマンスモード」を利用可能にすると宣言 2018年09月10日
「PCMark」で知られるFuturemark、ULに買収される 2014年11月05日
OPPOの「Find X」でもベンチマーク不正が発覚 2018年10月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードファーウェイ(Huawei)