ロードスターキャピタルが米国Fundrise社と業務提携

2019年6月28日 09:06

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■不動産クラウドファンディングの可能性を広げる

 不動産特化型クラウドファンディングサービス『OwnersBook(オーナーズブック)』を手掛けるロードスターキャピタル<3482>(東マ)は27日、米国不動産クラウドファンディングの先駆的企業Fundrise,LLC(米国 ワシントンD.C)との業務提携を発表した。

 Fundrise社は、2001年の同時多発テロで崩壊したワールドトレードセンターの再建プロジェクトの資金の一部調達を手掛け、非上場型REIT(eREIT)を開発するなど、米国における先駆的な不動産テック企業である。また米国の大手不動産ディベロッパーとも提携。米国内不動産市場のエキスパートとしてIT技術者やファイナンス等の各分野のプロフェッショナルを擁する企業である。

 ロードスターキャピタルは今回の業務提携を通じて、不動産クラウドファンディングの可能性を広げ、OwnersBook投資家に世界の優良不動産への少額投資の機会を提供することを目指すとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース