前日に動いた銘柄 part2 リミックスポイント、カルナバイオサイエンス、フェニックスバイオなど

2019年6月27日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2 リミックスポイント、カルナバイオサイエンス、フェニックスバイオなど
銘柄名<コード>⇒26日終値⇒前日比
メディカル・データ・ビジョン<3902> 1193 -52
25日は長い上ヒゲ残して伸び悩み。

日本通信<9424> 182 -8
25日に急伸の反動で利食い売り優勢。

ベクトル<6058> 972 -30
節目の1000円レベル割り込んで処分売り圧力。

KLab<3656> 896 -8
「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」の中国版配信発表による出尽くし感
も。

JT<2914> 2423 -79.5
6月末配当権利落ち繰り要因に。

東京エレクトロン<8035> 14640 +320
マイクロンの時間外取引上昇で半導体関連に買い。

村田製作所<6981> 4696 +46
ウェアラブル端末向け全固体電池を量産と伝わる。

すかいらーくホールディングス<3197> 1894 +3
配当・優待権利落ちで売られる。

キヤノン<7751> 3145 -84
6月配当権利落ちで手仕舞い売り。

リミックスポイント<3825> 474 +80
ビットコイン価格の上昇基調を材料視。

JESCOホールディングス<1434> 478 +47
子会社がベトナムで設備工事を受注と。

カルナバイオサイエンス<4572> 1362 +300
引き続きギリアド社との提携や業績予想の上方修正を好感する動き。

フェニックスバイオ<6190> 958 +150
サイトパスファインダー社と業務提携契約を締結。

WASHハウス<6537> 1009 +9
タイに遠隔管理型コインランドリー事業会社を共同で設立。

やまねメディ<2144> 534 +19
上場廃止の猶予期間から解除。

エンバイオHD<6092> 977 +4
太陽光発電設備をセールアンドリースバック、譲渡益6.03億円。

シノプス<4428> 16080 +1250
短期資金の関心向かい、100日線水準から反転する格好に。

インフォネット<4444> 3075 -665
25日にIPO。上場2日目は換金売りに押される。

ジョルダン<3710> 1673 +113
「ジョルダン乗換案内」アプリでモバイルチケットの提供を開始と発表。

ランシステム<3326> 839 -79
6月末基準の権利落ちの影響か。

かんなん丸<7585> 984 -118
6月末基準の権利落ちの影響か。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース