モリサワフォントを不正インストール、損害賠償金約1100万円

2019年6月26日 19:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 maia曰く、

 大手芸能プロダクション系のキャラクター商品取扱会社がモリサワのフォント411本を不正にインストールしていたことが発覚したそうだ(ScanNetSecurityACCSの発表)。

 この企業とは長期にわたる和解交渉が行われ、最終的に損害賠償金として市場価格を上回る約1100万円が本年5月に支払われたという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | 海賊行為 | 著作権

 関連ストーリー:
BSA、MSおよびAdobeのソフトの不正コピー情報については報奨金支払い対象外に 2019年05月10日
米海軍による数十万本のソフトウェア不正使用で訴えられた米政府、ライセンス違反はしていないと反論 2016年11月18日
米海軍、海賊版ソフトウェアの使用で訴えられる 2016年07月23日
佐賀県での電子教材導入、トラブルの原因は不正コピー対策 2014年06月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告