エヌ・ピー・シーは調整一巡、19年8月期大幅増益予想

2019年6月26日 09:19

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 エヌ・ピー・シー<6255>(東マ)は太陽電池製造装置や太陽光パネル検査機器・サービスなどを展開している。19年8月期は太陽電池製造装置関連で高利益率の部品販売が想定以上に増加し、大幅増益予想である。好業績を期待したい。株価は4月の戻り高値圏から反落して水準を切り下げたが、調整一巡して出直りを期待したい。

■太陽電池製造装置や太陽光パネル検査機器・サービスなどを展開

 太陽電池製造装置や自動化・省力化装置などの装置関連事業、太陽光発電所検査サービスや太陽光パネル検査機器・サービスなどの環境関連事業を展開している。

■19年8月期大幅増益予想

 19年8月期の連結業績予想(4月10日に売上高を下方、利益を上方修正)は、売上高が18年8月期比4.9%増の67億62百万円、営業利益が22.7%増の6億21百万円、経常利益が29.4%増の5億92百万円、純利益が32.1%増の5億42百万円としている。

 装置関連事業の自動化・省力化装置における顧客の大型プロジェクトの進行に時間を要しているため、売上高は計画を下回るが、太陽電池製造装置関連で高利益率の部品販売が想定以上に増加し、利益は大幅増益予想としている。好業績を期待したい。

■株価は調整一巡

 株価は4月の戻り高値357円から反落して水準を切り下げたが、調整一巡して出直りを期待したい。6月25日の終値は265円、今期予想連結PERは約11倍、時価総額は約58億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース