sacai、2020年リゾートコレクション発表

2019年6月26日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 sacai(サカイ) 2020年リゾートコレクションが、2019年6月22日(土)にフランス・パリで開催された。

■フォーマルウェアにかけたsacaiの“魔法”

 今季サカイを象徴する“ハイブリッドの魔法”は、フォーマルウェアを代表するワードローブに掛けられた。端正なシルエットのスーツは解体と再構築によって、ブラックのロングドレスに変身。そのテキスタイルの上には、スパンコールやオーガンザの装飾を重ねることで、本来の姿とは相反するセクシーかつ華やかなムードを纏っている。

■シャツ×パンツスタイルをドッキング

 またトレンチコートの下に重ねられたドレスは、シャツをタックインしたパンツスタイルを“1つに繋げた”ユニークな一着。首元には、アクセサリーのようにタイをぶらりとぶら下げているのが印象的だ。また同じデザインのもので、シャツのカフスや襟といったディテールだけを残し、レースで仕立てたフェミニンな一着も登場する。

■レイヤードスタイルを基本に

 カジュアルとフォーマルの要素を組み合わせたレイヤードスタイルも散見された。ロゴ入りのTシャツの上には、ブラックのスーツジャケットと、先述したスパンコール付きスーツジャケットを組み合わせ。ボトムスもジャケットとペアになるように、ハーフパンツとロングパンツの2着がレイヤードされている。またシャツ×スーツの上に、無地のTシャツを重ねたルックも登場した。

■異なるサイズで作るハイブリッド

 異なるサイズの同じ服を重ね合わせたようなハイブリッドデザインも、今季のコレクションの特徴の1つ。中でもミリタリージャケットをベースにしたアウターがその好例。キッズサイズのようなミニ丈を上に配したジャケットは、その下から本来のサイズのジャケットが顔を出すギミックのきいたデザイン。また下から見えるテキスタイルは、ミリタリージャケットのライナーが見えているかのようにオレンジを採用しているのも面白い。

■コラボプリントも

 フォーマルウェアをベースにベーシックカラーが並ぶコレクションだが、そこに彩りを投じたのがヤシの木をモチーフにしたトロピカルなムードのテキスタイル。これはsun surfとのコラボレーションによる、アロハシャツの伝説「Duke Kahanamoku」によるアーカイブプリントで、シャツやロングドレスに採用されていた。

■豊富なアクセサリー

 ワードローブに合わせた、バリエーション豊富なアクセサリーにも注目したい。ミニサイズのカゴバッグをはじめ、ワードローブにも登場した“ゼブラ柄”をアクセントに配したサンダル、スリッポンなどが登場する。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションsacai(サカイ)2020年春夏コレクション

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 雪道の安全運転にはタイヤチェーンが大切である。
  • マイナーチェンジされたC-HR(画像: トヨタ自動車の発表資料よより)
  • タイで観測されたふたご座流星群 (c) 123rf
  • twiice社の食べられるコーヒーカップ。(画像:ニュージーランド航空発表資料より)
  • DMMかりゆし水族館のイメージ(大和ハウス工業提供)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
 

広告

ピックアップ 注目ニュース