ホワイトマウンテニアリング、2020年春夏メンズコレクション発表

2019年6月26日 07:33

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)は、2020年春夏メンズコレクションを、2019年6月22日(土)にフランス・パリで発表した。

■エクストリームスポーツから着想

 トレイルランニングやスカイダイビングといった、エクストリームスポーツから着想を得た今季のコレクション。デザイナーの相澤陽介は、プロテクションのために身体を固定するコードなどが、パンクファッションやアンチテーゼの表現と重なって見えたと話す。“COINCIDENCE”=「偶然の一致」をテーマに、様々な事柄を重ね合わせたコレクションを展開した。

■ノイジーなカモフラージュやグラフィック

 偶然的なクリエーションを象徴するのが、軽やかなポンチョやジャケット、フーデッドコート、ショートパンツ等にあしらわれた、カモフラージュプリントだ。不規則で混沌とした印象の柄は、様々なカモフラージュ柄を幾重にも重ねることで生み出された。艶やかなコーティングを施したジャケットにはカーキベースのカモフラージュをプリント。色の濃淡が四方八方に入り混じり、ノイジーな雰囲気を演出する。

 テキストを重ねて作り出したグラフィックは、もはや判読するのが難しいほどに変形し、記号から図像へとその役割を変えている。意味をつかめそうでつかむことのできない、“不協和音”的なグラフィックプリントのウェアには、ゴアテックス(GORE-TEX)とタッグを組んだ、薄く軽やかな素材を使用したコートをスタイリング。全身をモノトーンでまとめることで、目に見える表象のインパクトを強めた。

 その他、多彩なボタニカルパターンを組み合わせたプリントTシャツや、異なるチェック柄のテープを連ねたタータンチェックシャツなども登場した。

■アクティブ&アヴァンギャルドなコード使い

 ウェアから垂れ下がるように配したコードも特徴的。ゴアテックスのメッシュ地を配したネイビーのブルゾンには、袖や前後の身頃にコードが複数あしらわれており、歩を進めると風になびいていく。カーキやベージュの生地をパッチワークしたコートは、バックにドローコードを配置。コードを引くことでギャザーを寄せ、空気を含むようなボリュームのあるシルエットを作り出す。

 光沢感のあるベージュのテープを何本も配したストライプのパッチワークシャツや、足周りにコードを配し、ボンデージパンツのように仕立てたブラックのパンツ、コードを大量に配したバックパックといったアイテムは、アクティブさとアヴァンギャルドなムードが融合した、ユニークなオーラを漂わせている。

■アディダスコラボスニーカー

 アディダス(adidas)とコラボレーションしたスニーカー「adiPRENE」も登場。アーシーなベージュにホワイトのコード、オレンジのアクセントを効かせたデザインや、ブラックとホワイトをグラフィカルに組み合わせたモデルなどを揃える。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションアディダス(adidas)スニーカーホワイトマウンテニアリングパリ2020年春夏コレクション

広告

財経アクセスランキング