東京為替:ドル・円は107円40銭近辺、仲値時点のドル需要は多いとの見方も

2019年6月25日 09:19

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:19JST 東京為替:ドル・円は107円40銭近辺、仲値時点のドル需要は多いとの見方も
25日午前の東京市場でドル・円は107円40銭近辺で推移。仲値時点のドル需要はやや多いとの見方があり、午前中のドル・円は107円台前半で下げ渋る状態が続くとみられる。ただし、米国による対イラン追加制裁や米長期金利の低下を意識して、リスク選好的なドル買いは引き続き抑制されるとみられる。ここまでのドル・円は107円27銭から107円41銭で推移。
・ユーロ・ドルは、1.1396ドルから1.1403ドル、ユーロ・円は122円26銭から122円47銭で推移している。

■今後のポイント
・米中対立継続
・米国の経済指標は強弱まちまち
・年内複数回の米利下げ観測《MK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース