ルイ・ヴィトン、2020年春夏メンズコレクション発表

2019年6月25日 08:28

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、2020年春夏メンズコレクションを、2019年様々な6月20日(木)にフランス・パリで発表した。

■パリの自然な風景を再現

 会場となったドフィーヌ広場には、まるで賑わう街角の一角のような雰囲気が広がっていた。オープンテラスのカフェやモノグラムを配したベンチ、クレープやアイスクリームの屋台、バルーンで形作った真っ赤なオブジェ、バルーンアーティストなどが登場。パリを象徴する、ごく当たり前の風景を作り出すことで、“本能”“習慣”“自然”といった要素を浮き彫りにしていく。

社会的な既成概念の影響をまだ受けていない少年時代のように、常識やジェンダー、文化的風習にとらわれない、自由なファッションを追求したコレクションが展開された。

■多様性を象徴する花

 繰り返し登場するフラワーモチーフは、多様性のメタファーだ。幻想的なグラデーションを背景に束ねられた花や、クリアなスカイブルーの上に鮮やかさをもたらすピンクの花、標本のようにきっちりと並べられた植物など、異なる表情の花を描いたファブリックは、アシンメトリーに繋ぎ合わせられ、1着のドレスやロングブラウスに。1着のウェアとして存在することで生まれる統一感は、それぞれの花が、自らの個性を保ちながらも共存していることを示すかのようだ。

 また、輪郭を曖昧にプリントした花柄のレインコートは、艶やかな光沢感とともに、グラフィカルな魅力を携えている。キャメルのコットンキャンバス地で仕立てたアノラックパーカーとパンツには、刺繍で花々を表現。赤、黄色、水色、オレンジといったカラフルな花が生き生きと伸びていく様子を描き出した。

■淡く優しい色使い

 淡い色使いやシアーな素材感も印象的だ。プリーツを施したパステルトーンのブルーのコートにミントグリーンのシャツ、イエローのパンツを合わせたスタイリングからは、柔らかく穏やかなムードが漂うと同時に、開放感も感じられる。モノグラムを配したチュールのセットアップは、ブルー、パープル、イエローを重ねることで、光とよく馴染み、優しいオーラを放っている。

■バッグを構築的に纏う

 一際目を引いたのは、凧やパラシュートのように、身体にバッグを固定したルック。真っ白なボディバッグや「キーポル」、バックパックが一体化され、身体に固定されている。ウェアと連動した色味で、構築的なフォルムを描くバッグのスタイリングは、スカルプチャーのようにも見え、自由でアーティスティックな雰囲気をまとっている。

■三角形のフォルムを描くボストンバッグ

 側面が三角形になるボストンバッグは、ダミエ・キャンバスやモノグラム、クロコダイルレザーなどのバリエーションで展開。また、モノグラムを配したトランク型の「キーポル」バッグや、プリーツを配したバッグなども登場した。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)パリ2020年春夏コレクション

広告