IT大手企業が神経科学系の研究者を雇用、次の狙いは脳と機械繋ぐシステムか

2019年6月24日 18:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 AppleやFacebook、Google、TwitterといったIT大手が、神経科学系の研究者をこぞって雇用しているそうだ(Bloomberg BusinessweekSlashdot)。その結果、博士号を取得する前に仕事を得ることになった学生も多いという。

 企業がこういった研究者を雇用する理由の1つは、大量のデータを扱うのが得意である点だという。さらに、聴覚や視覚機能、さらには脳と機械のインターフェースのようなものを開発するのに必要な知識を有している点も注目されているようで、IT大手は次の狙いとして、脳をベースにした新製品を開発することを狙っているようだ。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | Google | Twitter | Facebook | サイエンス | アップル

 関連ストーリー:
IBM、シナプスのように働くコンピュータチップを発表 2014年08月12日
大手メーカー製の植え込み型神経刺激装置、攻撃者によるプログラム書き換えやデータ読み取りが可能な問題 2018年04月22日
心の声を読み取るウェアラブルデバイス「AlterEgo」 2018年04月10日
NECと東大、共同で脳を模したアナログ回路によるAI開発を目指す 2016年09月12日
回復頭部にチップを埋め込んで脊髄損傷で麻痺した手を動かすことに成功 2016年04月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitterFacebookGoogleApple

広告