東京為替:ドル・円は底堅い、ポンドは合意なき離脱意識で反落

2019年6月24日 16:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:15JST 東京為替:ドル・円は底堅い、ポンドは合意なき離脱意識で反落

 24日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、107円40銭付近の水準を維持。トルコのイスタンブール市長選で野党候補が勝利し、リラ・円のほかユーロ・円が上昇。一方、英保守党の党首選で10月の欧州連合(EU)離脱に向け「合意なき」ブレグジットへの警戒感からポンドがドルや円に対して売られたようだ。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円27銭から107円48銭、ユーロ・円は122円00銭から122円36銭、ユーロ・ドルは1.1367ドルから1.1390ドルで推移した。《FA》

広告

財経アクセスランキング