「行ける工場夜景展」秋田で初開催、約200点の“工場夜景”をアクセス情報と合わせて展示

2019年6月24日 12:26

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 「行ける工場夜景展 in 秋田」が、秋田県秋田市・道の駅あきた港 セリオンにて、2019年7月27日(土)から8月12日(月・祝)までの期間で開催される。

 「行ける工場夜景展」は、実際に“行ける”工場の夜景を捉えた写真作品のみを展示する人気写真展。累計2万人を超える来場者を記録しており、秋田県での開催は今回が初となる。

 会場には全24組の作家による、未発表の作品を含む約200点以上の作品が集結。これまでと同様、実際に観覧者が足を運べるよう、作品には撮影した場所へのアクセス情報などの解説を付けて展示する。

 出展作家は、写真集『工場夜景』の監修も務める大倉裕史や片山英一ら本格写真家から、ネットで人気を集める山崎まさし、永冨詠二など。人気作家たちの作品を見た後は、是非その工場夜景の元まで足を運んでみては。

【詳細】
行ける工場夜景展 in 秋田
開催期間:2019年7月27日(土)~8月12日(月・祝)
開催時間:11:00~19:00
会場:道の駅あきた港 セリオン 2階「ポートシアター」
住所:秋田県秋田市土崎港西1-9-1
入場料:600円(3歳以下は入場無料)
出展者:24組(予定)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード秋田県

広告