『末来のミライ』が地上波初登場 『サマーウォーズ』と2週連続放送

2019年6月23日 18:05

小

中

大

印刷

 日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」において、7月12日・19日の2週連続で、細田守監督作品の放送が決定した。第1弾は、地上波初の本編ノーカット放送となる『サマーウォーズ』、第2弾の『末来のミライ』は本編ノーカットにより、地上波初登場となる。

【こちらも】細田守監督作『未来のミライ』、アニー賞長編インディペンデント作品賞受賞

 番組ではデータ放送を使い、作品にまつわるマル秘情報や裏話を紹介。また放送中にポイントを貯めることでプレゼントが当たる特別企画も実施される予定だ。

■ノーカット版『サマーウォーズ』が金曜ロードSHOWに

 令和元年となるこの夏、日本テレビ系列の映画番組「金曜ロードSHOW!」では、7月12日から2週連続で、スタジオ地図が製作した細野守監督の大ヒットアニメを“ノーカット版”で放送する。7月12日に『サマーウォーズ』、7月19日には最新作『末来のミライ』がそれぞれ放送される。

 2006年に公開された『時をかける少女』以降、細田監督の5作品すべてが日本アカデミー賞優秀アニメーション映画賞を受賞。そのなかでも2009年に公開された『サマーウォーズ』は、細田監督初のオリジナル作品として製作され、7月12日には、地上波では初となる“本編ノーカット”放送となる。

 『サマーウォーズ』は、2017年の放送時に、クライマックスで主人公・健二の台詞「よろしくお願いしまぁぁぁぁすっ!!」と一緒にボタンを押せる企画などが盛り上がった特設サイトが、今回も復活。さらにスマホを使い、キャラと一緒に謎を解いたりゲームで遊ぶこともできる予定だ。

■2週連続、細田守監督作品『末来のミライ』も放映

 引き続き7月19日に放送されるのが、米アカデミー賞長編アニメーション映画賞ノミネートをはじめとして、カンヌ国際映画祭、ゴールデン・グローブ賞、アニー賞など、数々の賞でノミネートや受賞をした細田監督の最新作『末来のミライ』だ。地上波初登場となり、しかもノーカット版として放送される。

 『末来のミライ』の放送でも、不思議な世界を行き来する赤ん坊“くんちゃん”と共に、楽しみながらポイントを貯めることができる。

 両作ともに放送中はデータ放送を使い、作品にまつわるマル秘情報や裏話しなどを紹介する「シーンガイド」を設置。さらに前述したように、毎週それぞれのゲームをこなすことで、細田監督のサイン色紙などプレゼントも用意された特別企画も実施される予定だ。

■『サマーウォーズ』10周年プロジェクト

 また『サマーウォーズ』10周年プロジェクトとして、「スタジオ地図 2019 in Summer『サマーウォーズ』《UPDATE》」も始動している。岡崎能士氏により新たに描き下ろされた10周年ビジュアルも解禁され、公式サイトでは今後の展開も発表される予定だ。

 現在では当たり前となったアバターや仮想世界を描いた『サマーウォーズ』は、2年前の地上波放映でTwitterトレンド1位にもなった作品。『末来のミライ』と共に、私たちにどのような家族の“絆”を見せてくれるのか楽しみだ。(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワード時をかける少女日本アカデミー賞日本テレビ細田守未来のミライ

広告