細田守監督作『未来のミライ』、アニー賞長編インディペンデント作品賞受賞

2019年2月4日 13:37

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

細田守監督作『未来のミライ』が、アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる第46回アニー賞で長編インディペンデント作品賞を受賞した。写真:(C) 2018 スタジオ地図

細田守監督作『未来のミライ』が、アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる第46回アニー賞で長編インディペンデント作品賞を受賞した。写真:(C) 2018 スタジオ地図[写真拡大]

写真の拡大

 細田守監督作『未来のミライ』が、アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる第46回アニー賞で長編インディペンデント作品賞を受賞した。同賞の受賞は、日本人監督作品として初の快挙となる。

 ・米国アカデミー賞に日本映画『万引き家族』『未来のミライ』がノミネート!

 細田監督は『時をかける少女』(06年)をスマッシュヒットさせ脚光を浴びると、その後も『サマーウォーズ』(09年)、『おおかみこどもの雨と雪』(12年)、『バケモノの子』(15年)を発表。それぞれ大ヒットさせてきたヒットメイカーだ。

 『未来のミライ』はそんな細田監督の最新作で、昨年7月20日に公開。甘えん坊の男の子“くんちゃん”と未来からやってきた妹“ミライちゃん”が織りなすちょっと変わった「きょうだい」の物語で、どこにでもあるたった1つの家族を通して、生命の大きな循環、人の生の織りなす巨大なループを描き出した野心作。

 今回の受賞に、ロサンゼルスで行われた授賞式に参加していた細田守監督は「名前を呼ばれたときに驚きましたが、本当に嬉しかったです。この映画は私の子どもをモデルにしたプライベートな作品なんですが、こんなに小さな作品が世界を網羅する大きな賞をいただき、世界中の人と手をつなぐことができた、気持ちが通じ合えたということに、驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。日本のとある普通の家族の話が、いろんな国の人たちに届き、見ていただけたということを光栄に思います。『未来のミライ』を見てくださった人たち、スタジオ地図のみんな、そして奥さんと子どもたちに感謝しています。どうもありがとう」とのコメントを寄せている。

 なお、同作は第91回アカデミー賞の長編アニメーション映画賞部門にもノミネートされている。発表は現地時間2月24日となっている。

 『未来のミライ』のBlu-ray&DVDは発売&レンタル中。

【関連記事】

 『万引き家族』『未来のミライ』がゴールデングローブ賞ノミネート!
福山雅治、細田守監督最新作『未来のミライ』でアニメ映画に本格初出演!
細田守監督&上白石萌歌がカンヌ入り!『未来のミライ』上映後には大きな拍手
『未来のミライ』初日舞台挨拶

関連キーワード細田守万引き家族未来のミライ

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース