音声認識搭載モノポリー、米国で発売へ

2019年6月22日 18:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

音声認識機能を搭載したモノポリー「Monopoly Voice Banking」が6月29日に米国で発売される(モノポリー公式アカウントのFacebook記事ウォルマートの製品情報ページSlashGearの記事)。

名前の通り音声認識機能は資金管理で使われ、ユーザーはボタンを押してから取引内容を口頭で伝えるだけで銀行家のミスターモノポリーがすべて処理してくれる。残高もボイスコマンドで確認できるため、紙幣や銀行カードの小道具を使う必要がない。8歳以上を対象にしており、2人~4人でプレイ可能だという。

ハズブロの公式サイトに情報は出ていないが、モノポリーの公式アカウントが19日にFacebookで発表した。現在、ウォルマートがWebサイトで事前予約を受け付けており、価格は29ドル92セントとのことだ。 

スラドのコメントを読む | idleセクション | 人工知能 | 変なモノ | idle | IT | おもちゃ | お金

 関連ストーリー:
モノポリー、次期アップデートに同梱される8種のコマが決定 2017年03月18日
モノポリーのコマ「指ぬき」退役へ 2017年02月18日
ボードゲーム「モノポリー」、アップデートに向けたコマの人気投票を実施中 2017年01月14日
大阪環状線版モノポリー登場 2015年11月28日
本物の紙幣入りモノポリー、ランダムで最大2万580ユーロが封入 2015年02月05日
Google Maps を使ったオンライン版モノポリー、サービス開始 2009年09月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカモノポリー