米LA発・世界最大の美容フェス「ビューティーコン」が東京・渋谷で開催

2019年6月22日 10:25

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ

 米LA発の美容フェス「ビューティーコン トーキョー(Beautycon Tokyo)」(主催:C Channel/朝日放送グループ)が2019年6月15・16日の2日間、東京・渋谷のベルサール渋谷ガーデンで開かれた。
 2014年にLAでスタートした同イベントは世界最大級の美容系フェスで、2018年のLAでの開催には2日間で3万人を動員。日本初開催となった今回は、“プラネット”をコンセプトに、トップクラスのヘアメイクアップアーティストによるメイクレクチャーのほか、モデルやタレント総勢50人以上のゲストによるステージ出演、旬のコスメブランドによるブース出展などが行われた。
 



 初日は、「ビューティーコン」メディアCEOのモジュ・マダラ氏や、C Channelの森川亮社長らによる鏡開きで開幕。マダラ氏は、ビューティーコン開催の背景についてアパレルウェブの取材に応じ、「今、美のスタンダードが大きく変化してきている。人にはそれぞれの美の価値観があり、それを尊重し合っている。人種や国籍の違いを互いに認め合うことにより、文化の壁も越えようとしている。この進歩に誇りを感じている」とコメント。今後は、シンガポールや中国、インドでもビューティーコン開催を計画しているといい、「変わりつつある美のスタンダードをアジアでもさらに広げていきたい」と強調した。
 同イベントでは、韓国発ファッション「ディーホリック」のオリジナルブランド「クリマレ」や、テラコッタ色のリップが大ヒットした日本発「セルヴォーク」など旬なコスメ&ヘアケアブランド約10社がブース出展、約20ブランドが商品を提供。スーパーモデルのウィニー・ハーロウや渡辺直美、木下優樹菜、ヨンア、りゅうちぇるなど豪華ゲストによるステージや、イガリシノブ、藤原美智子、千吉良恵子らトップアーティストによるメイクレクチャーなどが併せて行われた。
 会場内は、各ブースに置かれたサンプル商品を試したり、アドバイザーによるメイクのレクチャーを受けようと行列を作る人や、会場の至るところに設置されたフォトスポットで撮影を楽しむ来場者で賑わいを見せた。米国で急成長するコスメのスタートアップ「グロシエ」などの海外ブランドや、韓国メイクを日頃からチェックしているというインフルエンサーや感度の高い来場者の声も聞かれた。


















(取材:アパレルウェブ編集部)
■来場したゲストたち













(写真提供:Beautycon Tokyo)

※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカC Channel渡辺直美りゅうちぇる

広告

広告

写真で見るニュース

  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース