有効期限が切れたサークルKサンクスのドメイン、約6000万で落札

2019年6月21日 09:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ファミリーマートに吸収合併されたサークルKサンクスの公式サイトで使われていたドメイン「circleksunkus.jp」が有効期限を過ぎたまま更新されず、その結果GMOインターネットによってネットオークションで販売されることとなった。最終的にこのドメインは約6000万円で落札されたとのこと(ITmedia)。

 インターネット上には同ドメインに対して張られた多数のリンクが残っており、SEOなどで活用できる可能性が高い。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | インターネット

 関連ストーリー:
「全国中学高校Webコンテスト」で使われたドメイン、その後業者に利用される 2015年02月05日
秋田県警の旧ドメイン、第三者に取られてSEOサイトに使われる 2013年12月09日
アニメ「神様ドォルズ」の移転前ドメインが第三者に乗っ取られる。ただし旧サイトのため特に混乱は発生せず 2019年05月10日
内閣府主催のセキュリティイベント公式サイトのドメインが失効、出会い系宣伝サイトに使われる 2017年12月28日
新居浜市の観光サイト、URL移転後に手放した旧ドメインが第三者に取得されリンクサイトとしてそのまま「再利用」される 2016年11月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードファミリーマートGMO

広告