NY原油:大幅高で57.07ドル、米国とイランの軍事衝突を警戒した買いが入る

2019年6月21日 07:36

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:36JST NY原油:大幅高で57.07ドル、米国とイランの軍事衝突を警戒した買いが入る
NY原油先物8月限は大幅上昇(NYMEX原油8月限終値:57.07 ↑3.10)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比+3.10ドルの57.07ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは54.35ドル−57.37ドル。イランの「イスラム革命防衛隊」のニュースサイトは20日、同国南部ホルモズガン州で米軍の無人偵察機を撃墜したと伝えたことから、米国とイランの軍事衝突に対する警戒感が高まり、原油先物は急上昇した。米国の7月利下げ観測が台頭し、長期金利が一時2%を下回ったことも、原油先物の上昇につながったようだ。《CS》

広告

財経アクセスランキング