【銘柄フラッシュ】タツミやアクアラインが急伸しパイプドHDは活況高

2019年6月21日 07:08

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 6月20日は、アルトナー<2163>(東1)がストップ高(150円高の878円、20.6%高)となり2日続伸して東証1部の値上がり率トップ。17日発表の稼働率・月末技術者数、18日発売の「四季報」最新号の記述などが材料視され戻り高値を大きく更新。

 ジャパンディスプレイ<6740>(東1)は14.8%高となり3日続伸。新たな出資者候補として中国の有機ELパネル大手、維信諾(ビジョノックス)が意欲と伝えられた。

 パイプドHD<3919>(東1)は6.0%高となり、グループ会社のパイプドビッツが賃貸管理会社向けにSMSを使った家賃の滞納通知で督促業務を効率化する「滞納通知システムソリューション」を開発し、本日より提供を開始との発表が材料視されて大きく反発。

 スーパーバッグ<3945>(東2)は12.7%高となり、プラスチックごみ対策としてのレジ袋を巡る需要が言われて2日連続大幅高。アクアライン<6173>(東マ)はストップ高(400円高の2030円、24.5%高)となり、5月締めの第1四半期決算の発表に期待が強まるとされて2月以来の2000円台回復。タツミ<7268>(JQS)はストップ高(80円高の402円高、24.8%高)となり、電動ブレーキ部品の量産化に関する報道が材料視されて5月10日以来の400円台回復となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース