Google、ニュースコンテンツから47億ドルの収益との試算

2019年6月20日 18:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 最新の研究によれば、2018年にGoogleはニュースパブリッシャーのコンテンツを使って47億ドル(約5100億円)の売り上げを得たという。うち40億ドルはGoogle検索の検索結果に表示されるコンテンツから、7億ドルはGoogleニュースから得られたと推定されている(CNET JapanINTERNET Watch)。

 米ニュースメディア業界はこの調査結果について、コンテンツを制作しているパブリッシャーではなく、Googleに還流するお金が増えているということだと意見を表明した。対してGoogleは「GoogleニュースとGoogle検索は毎月、クリックを100億回以上生み出し、サブスクリプションと大きな広告売上をもたらしている」と反論した。

 ただ、現実には米国のデジタル広告収入のうちGoogleとFacebookが占める割合は約60%と大きく、いっぽうでニュースメディア企業は何十億ドルもの収入を減らす結果となっている。また、オックスフォード大学・ロイタージャーナリズム研究所による報告書でもオンラインでのニュース有料購読が6年間広がっていないことが分かっている(過去記事ロイター)。

 そのため、ニュースメディア業界はGoogleやFacebookとよりよい条件で交渉できるよう法律の制定を求めている。4月には米議会に「Journalism Competition and Preservation Act(ジャーナリズムの競争と保護に関する法律)」という法案が提出されている(USA TODAYSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | Google | ニュース

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookGoogleサブスクリプション

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース