ワイヤレスゲートは訪日客向けプリペイドSIMカード注目され戻り高値を更新

2019年6月20日 09:38

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■新プランを追加したデータ通信専用カード「Wireless Prepaid SIM」展開

 ワイヤレスゲート<9419>(東1)は6月20日、出直りを強めて始まり、取引開始後に6%高の477円(25円高)と戻り高値を更新した。引き続き、訪日外国人向けにプリペイドSIMカードのサービスプランを拡充したことなどが材料視されている。

 訪日外国人の数が毎月増加し最高を更新する中で、東京オリンピック・パラリンピックを見据え、新プランを追加したデータ通信専用プリペイドSIMカード「Wireless Prepaid SIM」を日本全国のヨドバシカメラ店舗及び同社通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」を通じて6月12日に販売開始した。今12月期の連結業績は完全黒字化の見込みで、黒字幅拡大の期待がある。(HC) (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング