NY原油:伸び悩みで53.97ドル、ポジション調整的な売りが入る

2019年6月20日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST NY原油:伸び悩みで53.97ドル、ポジション調整的な売りが入る
NY原油先物8月限は伸び悩み(NYMEX原油8月限終値:53.97 ↓0.14)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比−0.14ドルの53.97ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは53.50ドル−54.65ドル。原油在庫の減少を好感して買いが先行したが、米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の結果判明を控えてポジション調整的な売りも入った。ただ、FOMC会合で政策金利の据え置きが予想通り決定され、7月利下げの可能性が高まる結果となったことから、原油先物は通常取引終了後の時間外取引で54ドル台に戻した。《CS》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース