アシタバに含まれている成分、老化を遅らせるか

2019年6月19日 22:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 日本原産の植物アシタバには健康食品としての効能があると言われているが、アシタバに含まれる「4,4'-Dimethoxychalcone(DMC)」という成分に細胞を守る働きがあるという研究結果が発表された(Nature CommunicationsAFPニューズウィーク日本版)。

 この成分には、細胞内の損傷した部分を適切に排出させる「オートファジー(自食)」と呼ばれる仕組みを誘発する作用があり、これによって細胞の老化を遅らせることができる可能性があるという。線虫やミバエ、人間の細胞を使った実験では効果が認められたとのこと。

 ただし、現状ではまだ研究の初期段階であり、人間の「アンチエイジング」に確実に効果があるかどうかは不明だ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
ポリビニルアルコールを使って造血幹細胞を培養する手法が開発される 2019年05月31日
皮膚老化は「細胞の場所取り競争」によって生じるという研究結果 2019年04月09日
米食品医薬品局、若いドナーの血漿に老化抑制効果は確認されていないだけでなく、危険も伴うと注意喚起 2019年02月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアンチエイジング老化

広告