スリー・ディー・マトリックス 19年4月期は事業収益が2桁増、オーストラリアでの自社販売が順調

2019年6月17日 13:19

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:19JST スリー・ディー・マトリックス---19年4月期は事業収益が2桁増、オーストラリアでの自社販売が順調
スリー・ディー・マトリックス<7777>は14日、2019年4月期連結決算を発表した。事業収益が前期比43.8%増の3.28億円、営業損失が22.67億円(前期は18.74億円の損失)、経常損失が24.26億円(同17.67億円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失が25.54億円(同18.66億円の損失)となった。

欧州のうち、ドイツでは大手体外診断用医薬品メーカーのWERFENグループ(ドイツでの代理店はニコライ社)により販売が進展し、イギリスでは医療機器販売代理店のアクイラント社により販売が進展する等、ヨーロッパ全域で有力医療施設をターゲットに代理店を通じた製品販売を開始し、前期比125%の成長となった。

アジア、オセアニアのうち、主要市場のオーストラリアでは、製品販売を行っていたゲティンゲグループのバイオサージェリー部門が2018年10月に中国ヘルスケア企業に売却され、販売代理契約は終了し自社販売に移行した。自社販売において、経験豊富な営業マネジャー及び担当の採用が進み、第4四半期だけで約57百万円と過去最高の販売、2019年4月期通期でも前期比187%の成長となり、当期の販売計画を超過した。

2020年4月期通期の連結業績予想は、事業収益が前期比168.2%~335.5%増の8.82億円~14.32億円、営業損益が18.66億円~13.16億円、経常損益が18.66億円~13.16億円、親会社株主に帰属する当期純損益が18.96億円~13.46億円としている。《SF》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース